沿革

明治 福岡県朝倉郡杷木町にて創業
大正 産地問屋日野出商店の屋号で営業、㋑の商号で広く販売網を開拓した。
昭和21年 日野出商店の主力を福岡市に移す。
26年 株式会社日野出和洋紙店を設立
34年 製造部門設立
36年 小倉に北九州店開設
37年 福岡市和白に新工場完成
40年 包装資材の取扱い開始
資本金1,300万円に増資
42年 社名を日野出株式会社に改称
43年 久留米店・熊本店・長崎店・大分店開設
46年 本社を現在地に新築移転
広島市に広島店を開設
山口店開設
資本金3,500万円に増資
47年 サンペーパー(株)と合併
資本金4,000万円に増資
長崎店を諫早市に新築移転
48年 鹿児島店・宮崎店を開設
49年 熊本店を新築移転
55年 現本社を新増築
56年 北九州店移転
58年 新卒定期採用開始
59年 宮崎店を新築移転
佐世保市に佐世保営業所開設
61年 沖縄に沖縄日野出(株)を設立
山口店を新築移転
62年 熊本店新築移転
店舗用品の取扱い開始
平成 2年 久留米店新築移転
流通システム研究会発足
情報紙の取扱い開始
平成4年 鹿児島店新築移転
7年 佐世保店を新築移転
資本金4,811万円に増資
8年 新コンピュータシステム導入
9年 日野出ロジスティクスセンター完成
10年 CI導入
12年 宮崎店移転
15年 CVS部稼働
沖縄日野出株式会社 新社屋完成(西原町)
17年 輸入事業部稼働
19年 アメーバー経営導入
20年 山陰日野出株式会社(松江市)設立
大分流通業務団地に大分店新社屋完成
鳥栖センター稼働
23年 北九州店 新築
24年 長崎店を大村市へ新築移転
上海日野出F・K商貿有限公司を中国上海に設立
25年 CVS部を朝倉市へ移転
広島店移転
26年 宮崎店を新築移転
(株)パックスタイル九州設立
熊本包装資材(株)が日野出グループに加入
27年 関日野出株式会社を設立
28年 ベジフルスタジアム(中央卸売市場青果市場)に青果市場店を開設
29年 (株)アイパックスが日野出グループに加入
山陰日野出を新築
佐世保店に第二倉庫を新築
令和元年 北九州センターを設立
熊本包装資材(株)が熊包日野出(株)に社名変更
(株)アイパックスがアイパックス日野出(株)に社名変更